アンプスタンド

ギターの練習をするとき、みんなはどんな体勢でやってます?
地べたで胡坐をかいて、ベッドに腰掛けて、椅子に座ってと色々あると思います。
柳生は椅子に座って練習をするようにしています。

注意すべき点は立った時のギター(ベース)の位置と座った時の位置が同じになる方が良いようです。

ま、オイラは人前で弾くことは全く絶対に、スーパーウルトラ考えてませんので、どうでもいいのですが!!
とは言え、変な癖とか付けたくないので、椅子に座って練習している次第です。

この間買ったMustang等の小型アンプだと椅子に座った状態では耳まで聞こえにくいのです。
いや、聞こえているのですが、本来アンプの音は、前方に飛ぶ性質があるので、椅子に座った状態だとアンプ本来の音を聴くことが出来ないんです。
ちゃんと聞こえないから、必要以上にボリュームを上げたり、Highを上げたりと必要以上な音のセッティングをしてしまうんですねぇ。
じゃぁ、どうすればいいのかと言うと。
地べたで胡坐をかく(笑)
いやいや、それじゃさっき言った事とちゃうやんけ!!
アンプの下に台を入れて高さを変えてやるか、アンプの向きを変えてやればいいのです。
どちらがいいのかは、本人次第かしら(笑)

柳生は向きを変えることで対応してます。

どうやって?

これを使ってます
P1000207
P1000208
はい、アンプスタンドです。
音屋で\2,200でした。
ULTIMATEのAMP-150です。

実際にアンプを乗っけてみた写真
P1000210
角度が付いたのがわかると思います。
これで椅子に座った状態でも、音が耳にちゃんと届くんですねぇ。

正面からパチリ
P1000209

2,200も出したくないよ~って人は
一起さんのブログ「Full10」で書かれている「【改造】ダイソーの折りたたみイスをアンプスタンドに」を見てみてください。
http://full10.blog71.fc2.com/blog-entry-233.html

ダイソーとかで売ってる折りたたみ椅子を代用しているそうです。
ぶっちゃけ、この方法で十分ですよ!!

そうそうついでなので、柳生の使用しているギタースタンドを紹介。

柳生はベース2本と、ストラトを所持してるのでこういうのを使ってます。hs_gs432b
HerculesのGS432Bです♪
ひとつのスタンドでギター(ベース)を3本ぶら下げれるので、中々良いスタンドですよ!!
少々の地震があっても、ギター(ベース)が落っこちたりしません。

ただ、練習中ちょっとギターやベースを置きたいって時、わざわざ引っかけるのが面倒なときがあるので、その時は折りたたみできるギタースタンドを使っています。

P1000212 P1000211
同じくHerculesのGS302Bです。
ちなみにアコギ用はGS301Bです!!

せっかくなのでストラトを乗せてみたです!!
P1000214 P1000213

さらにSadowskyを!!
P1000215
ボディの形のせいか、あまりスタンドとの相性が良くなかったかも(笑)

調子に乗ってStingrayも!!
P1000217
こちらはばっちり安定してます。

しかし、ギターって難しいですねぇ。
挫折はしませんが、じっくり取り組んでいかないとです。
一応日々の練習メニューは考えてあるので、コツコツがんばります!!

連休だったこともあり、Blog更新しまくってますが、ネタが尽きてきたかも(笑)
後は半年に一回くらいのペースで…

さ、さらばじゃー