自宅練習用アンプ

どうも、純兵衛です。
日々の練習メニューを本やらWEBなんかで物色しまくっています。

そんな中でエレキギターは生音でなく、アンプを通したほうが良いとの情報を得ました。アンプを通したほうが、ピッキングの強弱など微妙なニュアンスとかも鍛えられるそうな。

一応PC環境でならAmplitube3(アンプシミュレータ)は所持しているのですが、ギターやベースとAudioI/Fとつないで、PC起動して、アプリ立ち上げてとやっぱり面倒ですよね・・・

ギターも買ったことだし、こうなったら自宅練習用の小型アンプを買おうとWEBを物色していると、FenderのMustangと言う面白そうなアンプを見つけました。

このアンプモデリングアンプで、フェンダーの名だたるアンプをモデリングした音を出すことができるそうです。

USBケーブルとPCを接続することで、モデリングのエディットが出来たり、プリセットをFenderのサイトからダウンロードして遊ぶこともできるそうです!!

あれ?PC立ち上げて、AMPとUSB接続して…
Amplitubeでやるのと変わらんやんけ!!

ま、まぁそれは置いておいて~、レビュー日記とか動画を見た感じ、中々よさそうな感じです。
値段もお手頃価格で、これはもうぽちるしかないかな!!とおもいつつ、FenderのWEBサイトでSpecシートでも見ようと覗いてみると…
なんと、4月下旬んにV2として新しいのが出るそうな!!

という事で、早速イシバシ楽器のWEBを確認すると予約受付中ということで、思わずポチってしまいました。
ちなみにMustang V2は20WのⅠ、40WのⅡ、100WのⅢ、150WのⅣ、ヘッドのキャビネットに分けられてるⅤの5種類があります。

僕がチョイスしたのは自宅練習用という事で20WのⅠです。

ちゃんと試奏しとけよ~って言われまくりそうですが…、まぁ駄目なら売りに出せばいいかなぁと(笑)
人柱になってきます!!

今回は写真おまへん!

まだ届くまで時間がかかりそうですが…届き次第また日記にしてみたいと思いまする~